私のほうれい線対処法
2018-10-09 口唇ヘルペスができた時に気を付けたいこと
口唇ヘルペスができた時に気を付けたいこと

メイクのときに困ってしまう口唇ヘルペスは、ただの水ぶくれではなく感染力の高いウイルスが原因によるものです。
ヘルペスの症状が出ているときは、いくつか注意しなければならないことがあります。

まず、患部に直接触れないように気を付けましょう。患部はヘルペスウイルスが一番多くなっている場所です。
患部に触れた手で他のものに触ると、その部分にウイルスが付着し、他の人が触ることで間接的な感染の原因となってしまいます。
家族や身近な方が口唇ヘルペスに感染した場合、タオルや食器類など、口に触れるものは使用した後にしっかりと洗い乾燥させましょう。

特に女性で気を付けたいのがメイクです。口唇ヘルペスは名前の通り唇や口周りにできるもので、普段メイクをする部分に患部ができてしまいます。
メイクに含まれている化学成分は、ヘルペスによりできた傷口から入り込み、症状を悪化させたり治りを遅くしてしまう可能性があります。
症状が出ている間は、なるべくメイクを避けるようにしましょう。口唇ヘルペスは口周りにできるものなので、マスクをするなどの応急処置をしましょう。